第百二十五段
情報通信革命の時代を正確に予測した本

最近、今から23年前に読んだ「マルチメディア超企業破壊 (著 月尾嘉男)」という本を自宅の本棚で見つけました。私がまだ40歳代前半だったこのころは、時間があれば本屋に立ち寄り、ビジネスや経済関連の新しい本を次々に買って読んでいました。久しぶりに目にしたこの本を、懐かしさもあってもう一度全部読み直しました。
23年前、この本を読んで衝撃を感じたものの、本のタイトルは少し大袈裟ではないか、「情報革命で潰れる会社・生き残る会社」というサブタイトルも「本当にそうだろうか」と思ったものです。しかし、時が経つとともに、あれはこういう意味だったのか、確かにそうなっていると思うことが何度もありました。今、改めてこの本を読んでみて「23年も前に、時代の流れをほぼ正確に見通していた」と感心しています。

この本は、日本でWindows95が発売(1995年11月23日)される半年ほど前の、1995年4月30日に発行されています。日本初のインターネットサービスプロバイダーやパソコン通信事業者が1992年に、Webブラウザが1993年に誕生し、1994年にダイヤルアップIP接続サービスが始まり、Yahoo!やExciteやInfoseekなどの検索エンジンが誕生しましていました。しかし、Googleの検索エンジン(1997年)、ネット通販やネットバンク(2000年)、Skype(2003年)、SNS(2004年)、YouTube(2005年)、Twitter・Facebook(2008年)、iPad(2010年)、スマホ(2011年)、LINE(2012年)など、今では身近で空気のような存在になったサービスやモノは、まだ存在していませんでした。※

「まえがき」で、『「マルチメディアがもたらすものは、情報社会ではなく、産業革命なのだ」と考えている。それも、十八世紀、イギリスより始まった産業革命がもたらしたこととちょうど正反対のことを起こす「産業逆転革命」なのである。』という衝撃的なことが書かれています。『「マス」から「パーソナル」に、「サプライヤー主権」から「ユーザー主権」に、「オン・スケジュール」から「オン・デマンド」な産業構造に逆転するのである。その逆転は過去にそのまま遡行するのではなく、最新の情報技術によって飛躍し、納期は一気に短縮し、価格は大幅に安くなるかたちで起こってくる。』(『』内は、前書きから引用)と書かれていて、便利な情報技術が登場したと理解するだけでは本質は見えないことを述べています。

前半では、情報産業、金融システム、代理店ビジネス、流通業、基幹産業・製造業、教育の変革、医療システム、行政サービスなどにおいて起こる産業破壊や企業破壊、産業構造の変化、インターネットの可能性と危険性などについて述べられています。

「情報産業」については、新聞、テレビ、雑誌、書籍における変化にとどまらず、家庭や事業所すべてがテレビ局であり新聞社となる可能性、目の前で起きた火事や災害が世界中に発信され、メディアの少数者による情報提供の独占が崩れようとしていると述べています。

「金融システム」については、家庭でできる口座振込(電子決済)や、デジタル・キャッシュによる買い物(決済)の普及、国家が発行する紙幣や貨幣のデジキャッシュへの移行の可能性について言及されています。

「代理店ビジネス」については、深夜でも自宅から利用可能な航空券の予約システム、関連するデータベースを統合する窓口の予想、企業の人材採用に関する周知や連絡、広告のあり方などの変化などをみて、中間業者が無くなることによる低コストな社会の実現を予想しています。

「流通業」については、時間に制約されたり、前に見た商品の方が良かった、申し込んだ後に見た商品の方が良かったというテレビショッピングの欠点を解決したマルチメディア・ショッピングや、テレビショッピングは、問屋、卸屋、小売店、買い手という商流を変え、産業構造の土台を揺すぶられるような激震に襲われると述べています。

「基幹産業・製造業」については、客の試し打ちを分析して真っ直ぐに飛ぶ、あるいは飛距離の出せるオーダーメイドの安価なゴルフクラブや、セーターを注文する客の顔を撮影し、色や模様に関する客の好みを訊いて、セーターを着る場所の背景と組み合わせて提示して、気に入ったら自動編み機に製作させ、一時間前後で市販の6割くらいで提供するビジネス、メガネフレームや家具など、マニュファクチャリング・オン・デマンドをあげています。値段が安い、流通経費・倉庫代・在庫コストがかからない、無駄なものを作ることがないなどの変化を予測しています。

「教育の変革」については、反発係数1の物質や無重力状態など現実にはないシュミレーションの体験、録画された授業を学生がオンデマンドで受講し理解度テストを受ける、ネットワークの中で大学の授業を提供することによる教授や学生の変化について書かれています。

「医療システム」については、僻地や離島の遠隔医療、カルテや医学知識の共有、医療マニュアルなどにより、医療の不均衡が是正されることが書かれています。

「行政サービス」については、印鑑証明の発行、住民票、税金の申告、行政情報の公開などのオンライン化が進展すること、情報を独占的に持っているという役所の特権は大きく減っていくこと、情報を特権的に得てきたマスコミが情報のソースにおいても独占が許されなくなることなどが書かれています。

「インターネットの可能性と危険性」については、『ある特定の人や組織が情報を独占することによって力を持つ時代の終わりを明確にし、情報を共有することによって新しい社会を作ろうという思想が、シームレスでオープンなネットワークを構築する背景にある』こと、そして『企業秘密を保ちたければ、インターネットを安易に使うのは危険で、セキュリティーに関する事件が発生する可能性はかなり高い。』という危険性が述べられています。また、『インターネットのオープン性がビジネスの根本的な考え方まで変えようとしている。情報を世界に向けて自由にオープンにすることで成り立つビジネスを考え出せば、いくらでもインターネットでビジネスを興すことができるであろう。』と可能性についても述べられています。

TouYubeが登場したのは、この本が出版されてから10年後のことでした。メディアザウルスは消滅はしていませんが、火事や竜巻や集中豪雨など、視聴者の撮影した映像や情報の提供を受けて活用するようになりました。深夜に自宅で口座振込をしたり、デジタル・キャッシュで買い物をしたり、海外旅行のための航空券を予約して、同時に傷害保険へ加入したりホテルの予約をしたり、就職活動にインターネットが不可欠なものになっていたり、書籍や買い物はネット通販でするものになったり、自分に必要な機能や性能を指定してパソコンや名刺・年賀状などを注文すると、製造から配達までのプロセスがわかり、決済までネット上で完結したり、企業内でeラーニングが定着したり、大学の講義を見ることが出来たり、夜遅くコンビニの端末で住民票や印鑑証明の発行をしたり・・・・・・、書かれていたことはほぼ実現しています。「23年も前に、時代の流れをほぼ正確に見通していた」本に出会い、その後の変化を眺めてきたことは、次から次に起きる変化に振り回されることが無かったという面で幸せでした。

第百二十四段
iOS用ステレオマイクが教えてくれたこと

私は、ICレコーダーをこの10年間に2台買いました。一台は電子楽器メーカーが製造したもの、もう一台は家電メーカーの製造した超小型のものでした。しかし、iPadを持つようになってからは、この2台のICレコーダーはほとんど使わずに、iPadに『Voice Recorder HD』というアプリをダウンロードして使っています。その理由は、多くの機材を持ち歩くことや電池を管理することが面倒だからです。いつも持ち歩くiPadの中にその機能が収まるようになれば、よほどの難点が無い限り、iPadを使います。同様なことが、カメラやビデオ、ラジオやテレビで起きています。このようにして、電子機器のほとんどはiPadの中に納まってしまうのではないかと思われます。

 さて、3か月ほど前に、iOSのデバイスに接続できるステレオマイクがあることを知りました。実際に、使わせていただきました。以下のような機能で構成される小さな装置でした。

・MSステレオマイク(単一指向性のステレオマイクと左右の音を拾うステレオマイク)
・録音レベルの調整つまみ
・レベルメーター(中央のLEDが点灯するレベルで使用)
・ステレオ幅調整スイッチ
・ヘッドホン端子
・Lightningコネクタ(コネクターに裏表はないが、逆向きにすると左右が逆に)
・ケースアジャスター(ケースを装着した状態使う等接続を妨げる際には外す)

 手持ちのマイクロホンのように使用する場合も、ビデオ撮影をする時も、単一指向性のMidマイク上部の矢印の向きが録音対象に向くようにマイクを回して調整します。録音中に無線通信が行われるとノイズが入ることがあったり、電話機能を使うと録音が停止するので、iPadやiPhoneを機内モードにして使用します。最初は、マイクの扱い方がわからず、左右の関係が上手くいきませんでしたが、音が澄んでいる感じ、クリアで現実に近い感じがしました。iPadの内蔵マイクと比べればその差は誰の耳にも明らかだと思えるものでした。

このマイクには、”Designed by ○○○○ in Japan, Assembled in China”と書かれていました。この製品に限らず、今は何を買っても同じように書かれています。昔のように、”Made in Japan”という文字を見なくなったことに淋しさを感じました。これが、現実的な道かもしれませんが、中国企業もいつまでも組み立てているばかりではなく、いずれ自らの力で設計し製造するようになるのだろうと、いつも心配になります。

 音質や画質は、アナログ回路の時代は、波形(電流や電圧)の信号処理をしていたので、波形を歪ませずに忠実に拡大することや、ノイズが発生しないようにするという面で、装置の差が出ました。今ではピンときませんが、カセットテープやオープンリールのヒスノイズ、ビデオテープの磁性体の剥がれによるドロップアウトノイズ、電源周波数の50Hzや60Hzのハム音、振幅変調方式(AM)の電波が影響を受ける雷雑音や、道路を走るバイクなどのエンジン回転数に同期したイグニッションノイズなどがありました。オーディオケーブルの材質や、シールド、配線の仕方、アースのとり方などでも性能に差がありました。

今でもAMのラジオは残っているものの、あらゆる装置がデジタル化されソフトウェアで処理される時代、ネットラジオが普及し、テレビや記録再生装置もデジタル化された現代では、音質や画質は、同じ規格のデジタル方式であれば、どの機器であっても差が出ないようになりました。波形を扱わずに、1か0かのデジタルデータを扱うようになったからです。従って、音質や画質は、マイクやカメラなど、アナログからデジタルに変換する部分の性能によって決まってしまいます。

この外付けのマイクは、そのことをはっきりと教えてくれました。アナログからデジタルに変換する部分(マイク)を高性能なものに置き換えれば、記録再生装置はそのままでも、装置全体が高性能なものになるということを・・・。

この製品は、スマホの普及、YouTubeや音声共有サイトやInstagramなどのメディアやSNSの普及によって世界のクリエーターや一般の人々の音質に対するこだわりやニーズが背景にあって登場したのでしょう。JASDACに上場している日本の企業が開発したということも、嬉しいことでした。日本の家電メーカーが隆盛を誇った時代が懐かしくなった今、古い大きな木が倒れたあとに新しい芽が出てきたように感じました。大地に根付いたしっかりした丈夫な木になって欲しいと思います。

第百二十三段
インターネットの恩恵に与れない世代

 死者124人、行方不明63人など、西日本を中心に広い範囲で被害が出た記録的な豪雨は「平成30年7月豪雨」と名付けられました。平成になって最悪の被害となりました。NHKのニュースによると、場所や詳しい状況説明と共にハッシュタグを付けて救助を要請するツイッターの投稿が多くあり、それに対する励ましのコメント、救助に対する感謝のコメントなどがあったそうです。ICT(情報通信技術)が発達し多くの人々が活用してその恩恵を受けることができるようになった時代に生きていることを実感しました。

今年の梅雨明けは、関東甲信地方は観測史上最も早い6月29日に、九州北部・中国・近畿・東海・北陸は、7月9日となりました。いよいよ、本格的な夏の到来です。ポーチを背負って、右手に扇風機、左手にスマホ、そのスマホのカメラを自分の顔を映す鏡として使っている若い人の姿を見て、これが日本の夏だなどと思ったりします。こうした、21世紀の今の風景を目にしながら、私は自分と同世代の人たちが、ICT(情報通信技術)の恩恵に与れないのではないかということを思い出しました。

今や、インターネットは生活に欠くことのできないインフラストラクチャーとなっていますが、1950年代に生まれた人は、社会に出たのが1970年代、社会の中堅となる40代になったのは1990年代、定年を迎えたのが2010年代です。一方、Googleの検索エンジンが1997年、SNSが2004年、YouTubeが2005年、TwitterやFacebookが2008年、スマホの普及が2011年、LINEが2012年ですから、1950年代生まれの世代は、スマホの普及とともにアプリが増大しインターネットへのアクセスが増加していく時代には定年を迎えつつあった世代ということになります。仕事や生活が、新聞やテレビとともにあった世代なのです。

仕事でインターネットを活用しなければならなかった人、インターネットに強い興味があった人、主婦の情報ネットワークに加わるためにLINEを使うという必然性があった人以外は、インターネットのことを知る必要もなかったし、知らなくても生活に困ることはありませんでした。

私はここ数年、こうした同世代の人たちに、「同窓会の写真の配布」や「公開前のサイトの紹介」などの目的で、インターネットを使ってもらうことが何回もありました。そのためには、URLを打ち込んでサイトにたどり着いて貰わなくてはなりませんでした。知らせたい人のメールアドレスがわかっていれば、そのアドレスにURLを記述したメールを送り、それをクリックして貰えば簡単にサイトに辿り着けるので、苦労することはありません。また、公開サイトであれば、キーワードを入れて検索しサイトを見つけてもらいクリックしてもらえば良いので、これも苦労しません。『伝えるべき人のメールドレスがわからない』『検索の対象にできない限られた範囲内のユーザー向けサイトである』という状況から、アドレスバーにURLを打ち込んで貰う以外、目的のサイトに到達する方法が無かったのです。それでも、何とかサイトに辿り着いてもらえると思っていた期待は、見事に外れました。

①検索窓にURLを打ち込む<br>
検索窓は、知りたい情報を単語や文章で指定すると、検索エンジンがインターネット上にあるホームページを検索して、検索の意図に沿ったホームページを表示してくれるものです。この検索窓にURLを打ち込んでしまうのです。検索窓に公開されていないホームページのURLを打ち込んでも、目的のホームページは表示されません。ホームページが表示されないとスマホを見せてくれた人に、どのように操作したのか実際にやってもらうと、検索窓にURLを打ち込んでいました。まさかと思いましたが、これが現実なのだと思いました。もちろん、ビジネスでインターネットを使っていた一部の人は、全く問題ありませんでした。

②アドレスバーに表示されているURLの一部を利用して、目的のURLを打ち込む。目的のサイトが、httpsではないのに、無意識のうちにhttpsを指定しまう。 アドレスバーは、ウェブブラウザが現在表示しているWebページのURLを表示するものです。また、目的のURLを打ち込めば、そのホームページを表示してくれるものです。従ってこのアドレスバーに目的のホームページのURLを打ち込むことは正しいことです。

 しかし、表示されているホームページが、たまたま https:// で始まるURLであり、httpsの意味するところを知らない人が、https://www. までの記述を利用して、それ以降のURLを打ち込んで目的のホームページを表示しようとすると、『このサイトは安全に接続できません』というメッセージが表示されます。私のサイトは、決して怪しいサイトではありませんが、httpのサイトにhttpsでアクセスするとこのようなメッセージが出るのです。

httpsとは、端末側とサーバー側間の通信が暗号化され、公共のWiFiを使っても、盗聴の心配が要らないものです。銀行や通販ではhttpsが必須の条件ですが、個人のサイトでは、お金がかかることなので簡単には対応できません。

少し話が逸れますが、最近のブラウザでは、このアドレスバーを検索窓として使うことが可能になっています。このアドレスバーの窓には、Edgeの場合『検索またはwebアドレスを入力』が、Chromeの場合空白が、Firefoxの場合『Googleで検索、またはURLを入力します』が表示されています。また、Edgeの場合はBingで、ChromeとFirefoxはGoogleで検索されます。

経験して知っていれば何でもないことも、インターネットに馴染みのない人にとっては、このようなことすら恐怖に感じるのかもしれません。知らないことは恥ずかしいことではありません。知らないことをいつまでも知らないままにしておき、いざというときに使えないことのほうが恥ずかしいことだと思います。だから、同世代の人に対しては、URLを知らせても辿りつけないということを想定して、「わからなければ信頼できる人に訊いてください」とか「信頼できる人に操作して貰ってください」とアドバイスをしています。小学生の頃、下校して帰宅した後に、空き地で野球に誘われることがよくありました。でもルールを知らず、何となく自分でルールを類推してプレーしていたので、間違って味方の失点になった時には周りから叱られました。だから知らないということに対する恐怖心は理解できます。でも、わからないことを積極的に周囲に訊いて試してみれば、最新のICT(情報通信技術)の恩恵に与ることができる筈です。それは、冒頭の例のように、いざという時に、命を救うことになるのかもしれません。

[参考] デジタル写真の配布について思うこと
※)下記の画面遷移先からブログ本文に戻るときは、ご使用中のブラウザの「 ← 」等、「戻る」の機能をクリックして下さい。
デジタル写真の配布について思うこと